アート引越センターの単身パックの料金は?

アート引越センターの単身パックの料金はどれぐらい?

引越し業者では最大手のアート引越センターの単身パックの料金が気になります。
テレビCMとかを流しているので、その分料金に跳ね返ってきているかもしれませんが、
中小企業よりは品質と安心があるのは確かです。

 

いろんな口コミ情報をみていると、大手業者でも当日に担当する人によって、
たまに評価が低い場合もあるようです。
こればかりは、運しだいということでしょうか?

 

さて、アート引越センターの単身パックの料金ですが、残念ながら見積もりをもらわないとわからないのが現状です。

 

 

どうせ見積もりをもらうなら、引越し一括見積もりサイトが便利です。
1回の入力で、複数業者から見積もりをもらう事ができます。
もちろん、アート引越センターの見積もりも含まれています。

 

引越しは、各自の家の周りの環境やマンションやアパートの何階に住んでいるかによっても
料金が違ってきますので、しっかりと見積もりをもらった方がいいです。

 

同じ条件で複数業者から見積もりをもらう事ができるので、
簡単に比較検討することができますね

 

 

 

 

料金の目安がないので、価格comや引越し侍からサンプルを持ってきました。

正確には、荷物の量、オプションなど個々に違うのですが、参考になればと思います。

 

ちなみにアート引越センターの単身パックという明確なサービスはありません。
基本コース、ハーフコース、フルコースに分かれていて、それに合わせるように
レディースパック、学割パック、シニアパックなどが選べるようになっています。

 

 

引越し料金は、業者によって違うと言われていますが、同じ業者でも違います。
以下の価格comのデータを比較してみます。

 

 

料金 55,000円
時期 2014年5月上旬頃(土曜/日曜・作業開始時間 8:00頃〜)
荷物の量 単身・1人暮らし用程度の荷物量(大)
部屋 アパート(2LDK)⇒マンション(2LDK)
移動距離 15km

 

 

料金 65,000円
時期 2014年2月下旬頃(土曜/日曜・作業開始時間 13:00頃〜)
荷物の量 単身・1人暮らし用程度の荷物量(大)
部屋 マンション(2K)⇒マンション(2LDK)
移動距離 0.5km

 

引越し作業が午後からだと、料金が安くなるはずなのですが、この2つのデータをみると
そんな感じはありません。
しかも、朝から作業をしている方が、移動距離も長いのにも関わらず、料金は安くなっています。

 

 

次ぎの事例を見てみましょう

 

料金 35,000円
時期 2014年3月中旬頃(平日・作業開始時間 10:00頃〜)
荷物の量 単身・1人暮らし用程度の荷物量(小)
部屋 アパート(ワンルーム)⇒アパート(ワンルーム)
移動距離 40km
付随サービス 段ボール引取りサービス

 

料金 50,000円
時期 2014年3月上旬頃(平日・作業開始時間 7:00頃〜)
荷物の量 単身・1人暮らし用程度の荷物量(小)
部屋 マンション(ワンルーム)⇒マンション(ワンルーム)
移動距離 20km
付随サービス

 

この例も、移動距離や付属サービスがある方が、料金が安いです。

 

次ぎは3つの例を比較してみます。

 

料金 62,900円
時期 2014年2月下旬頃(平日・作業開始時間 8:00頃〜)
荷物の量 単身・1人暮らし用程度の荷物量(小)
部屋 アパート(1K)⇒アパート(1K)
移動距離 3km
付随サービス

 

 

料金 14,000円
時期 2014年2月上旬頃(平日・作業開始時間 8:00頃〜)
荷物の量 単身・1人暮らし用程度の荷物量(小)
部屋 戸建て(ワンルーム)⇒アパート(ワンルーム)
移動距離 1km
付随サービス 段ボール引取りサービス

 

料金 69,800円
時期 2014年9月上旬頃(平日・作業開始時間 11:00頃〜)
荷物の量 単身・1人暮らし用程度の荷物量(小)
部屋 戸建て(2LDK)⇒アパート(2DK)
移動距離 30km
付随サービス エアコン取り付け工事

 

 

移動距離が1kmなので、14,000円というのも納得はできるのですが、
大手引越し業者であるアート引越センターでは、破格な金額だと思われます。
そして、3kmと30kmで料金が同じで、30kmにはエアコンのオプションもついています。
こう考えると3kmで62,900円を払っているのは、損をしたと考えられます。

 

同じ引越し業者でも、これだけ料金が違うという事は、状況によって変化するという事です。

であるならば、違う引越し業者であれば、もっと違っていてもおかしくありません。
なので、複数業者から見積もりをもらうことが大切なのです。

 

そこから値引きの交渉をすれば、料金はもっと少なくなるかもしれません。

 

そこで、引越し一括見積もりサービスを利用することがポイントになってきます。
同じ条件で複数業者から見積もりをもらう事ができるので、比較するのも簡単だし、
1回の入力だけでいいので、時間の節約にもなります。

 

 

 

 

 

アート引越センターは大手引越し業者の品質が強み

アート引越センターは、テレビCMなど頻繁に目にする大手引越し業者です。
宣伝費をかけているので、中小引越し業者よりも引越し料金は高い傾向にあります。

 

なのにアート引越センターが選ばれる理由は何でしょう?

 

多様な引越しに対応するための豊富なプランとオプションプラン、それと無料サービスでしょう!
それと、アート引越センターは、引越しのパイオニアとしての長年の実績と安心。
創業以来の、長年の経験で培ってきたノウハウがあり、大手引越業者という知名度が安心感を増しているのでしょう

 

ただ、最近は中小引越し業者の品質も高くなっています。
同一市区内など割と近場の引越しであれば、引越し料金が比較的安い中小引越し業者を利用するのも悪くないでしょう

 

長距離の引越しであれば、中小引越業者を選ぶよりは、大手引越し業者であるアート引越し業者を選ぶのが、ベストだと思います。

 

 

アート引越センターの特長

 

 

レディースパック

 

アート引越センターの特長は、レディースパックです。
最近では、女性だけで引越しをするプランがある業者さんも増えてきましたが、
早い段階で、レディースパックを設けたと記憶しています。

 

ひとり暮らしの女性の引越しでは、とても人気があります。

 

 

 

エコ楽ボックス

 

引越し準備で食器の梱包はとても大変な作業でしたが、エコ楽ボックスがあれば、
とても楽に荷造りと荷解きが出来てしまいます。

 

また、エコ楽シューズケースやエコ楽テレビケースというのもあります。
エコ楽シューズケースは、靴をそのまま箱の棚に入れるだけで、とても楽に靴を梱包してしまいます。
エコ楽テレビケースも、テレビのサイズに合わせて伸縮してくれるので、とても楽みたいです。

 

 

ワンストップサービス

 

必要な手続きを無料で代行してくれる無料サービスです。

 

  • 電力会社
  • 郵便局
  • 新聞
  • NHK
  • こくみん共済
  • プロバイダ
  • 車の無料出張査定
  • プロバイダの紹介
  • 書籍、CDの無料査定

 

 

 

 

アート引越センターも魅力的な引越し業者ですが、
引越しをするなら、他の大手引越業者を含めて、地域密着型の中小引越し業者など
複数業者から見積もりをもらい、自分に合った引越し業者を選ぶといいでしょう

 

引越し一括見積もりサイトなら、簡単に複数業者から見積もりをもらうことができます。
無料で利用できるので、引越しをするなら利用するといいですよ